人気の屋根材のスレート材のメリット・デメリット

人気の屋根材の一つがスレート材です。住宅用の屋根材として一般的に使用されています。
現在定番となっているスレート材は繊維とセメントを板状に形成して作られていて、これは化粧ストレートと呼ばれています。天然の粘度で作ったものは天然スレートと呼ばれており、高価なうえに破損しやすいので現在は主流とはなっていません。

メリット4つあります。

1つめはデザイン性です。どのようなデザインの住宅にも合いやすいことが人気の理由といえるのではないでしょうか。
2つめは価格です。スレート材は工事価格が安定しており、注文住宅を建てる際に選びやすい屋根材となっています。
3つめは断熱・遮熱性能です。この性質によって屋根裏の温度上昇を抑えてくれます。
4つめは軽量なことです。屋根にかかる負担が軽くなります。

デメリットは定期的なリフォーム工事が必要なことです。
スレート材は表面の塗装が劣化をしてくるので、10年に1度ほど塗装のリフォーム工事が必要になります。また、ヒビ割れが生じたりコケが発生したりすることもあるので、定期的に点検工事を行うことが望ましいです。スレート材のメリットを活かすためには、問題が深刻化する前にリフォームをすることが大切になります。