屋根のメンテナンスと時期について

日本の屋根は一般に瓦屋根、スレートを使用したスレート屋根、板金屋根などがあります。

瓦屋根については、瓦事態は割れない限り永久的に使用することができますが、瓦の下にある防水層はメンテナンスが必要で25年くらいを目安に交換しなければなりません。瓦屋根の主なメンテナンス方法としては瓦の敷詰めと防水層の敷き詰めになります。自分で交換することもできますが専門の知識がいる上に高所での作業となりますので専門の方に任せるのがおススメです。

スレート屋根についてはカバー工法意外だと短く8年から10年を目安に交換する必要があり専門の知識が必要になります。 板金屋根については、屋根の材質がトタンであったり、ステンレス、アルミといった金属で出来ており、個人で交換または、張替えをすることは可能ですが高所での作業となるため注意が必要です。板金屋根のメンテナンス期間は錆が出始め、錆が広がりだしたら交換時期となり、せいぜい5年から15年持てばよいほうになります。板金屋根、自体の素材はホームセンターなどでも売っており、手軽に直せますが耐久性が低く、現在では一般的な住宅の屋根に使用されていることは余りありません。板金屋根はあくまで、工場等の施設で雨風を防げるための物であるといえます。