屋根の修理と補修方法

屋根の工事方法には「屋根葺き替え」という屋根材をすべて取り替える工事と、今回説明する「修理・補修・メンテナンス」という必要なところを直すものがあります。

屋根工事中両方に当然利点があるのですが、「修理・補修」の利点は傷んだ部分のみを直すので安く収まることです。例えば瓦の場合、ズレた部分や浮いた部分、割れた部分をピンポイントで交換することで雨漏りを防いだり、瓦がもしものときに滑り落ちないように金具で固定することで落下防止措置をすることで人の命を守ることができます。

 

瓦の場合、漆喰という瓦と棟部分に詰めてある白い部分があるのですが、これも劣化が進むと剥がれて雨が入って雨漏りの原因になったり中の砂のようなものがあふれて棟部分の形がくずれてしまうこともあるので、白い部分が減ってきていたら補修しましょう。

 

瓦に限らず、コロニアルなどの「スレート」やトタンにも補修が必要で、「スレート」の場合はヒビ割れの補修や割れてなくなってしまったものの補修が必要になります。また棟板金と呼ばれる頂部に取り付けられた板金は主棟と隅棟に分かれ、隅棟は『棟包み』とよばれる大きな板金か、『差し棟』と呼ばれるスレート1段ごとに取り付けられている板金があり、どちらも強風で破損してしまう恐れがあります。

トタンの場合も穴が空いていたら応急措置としてシリコンで埋めたり錆びていたらその部分の補修も必要になってきます。スレートとトタンに共通してできる補修の方法で塗装する手段があります。

塗装の工程の中にはひび割れの補修や錆び止めも含まれていて、補修をした上から更に塗料を塗ることにより屋根材に防水効果を施すこともできます。

色も自由に選ぶことが出来るのでイメージチェンジをすることもできて、まさに一石二鳥です。塗装する費用は部分補修に比べたら少し高いのですが、屋根材の寿命をのばすことができるのでそれを考えるとリーズナブルです。

 

しかし、修理・補修には限界があり傷みの度合いによりどうしてもできない場合もあります。それを判断するのが信頼できる屋根工事業者さんです。どれほど工事を行っているのか、どのような工事を得意としているのか、どのような対応をとってくれるのか等はHPやブログ等でも確認できます。