屋根の全てを新しくする屋根葺き替え

三角屋根屋根の葺き替え工事は補修することが出来なくなった屋根や家のイメージを変えるために既存の屋根をすべて取り払って新しい屋根材に取り替える工事のことを言います。

もしも下地のコンパネなどの木材や防水シートが傷んでいる場合は一緒に修繕することができます。

 

屋根葺き替えは既存の屋根材から新しい屋根材に変えるのですが、変える屋根材の種類は建築基準法に引っかからない範囲ならなんでも可能です。

 

例えば

  • 瓦→瓦・瓦→スレート・瓦→ガルバニウム鋼板
  • スレート→スレート・スレート→ガルバニウム鋼板
  • トタン→ガルバニウム鋼板

このように、様々な葺き替え方法があるので選ぶ段階でもとても楽しむことができます。

 

しかし、屋根葺き替え工事は既存のはずした屋根材の「処分費」がかかってしまいます。

前述の「アスベスト」を含んでいる場合は処分費が尚更高くなってしまいます。

新しい屋根材+処分費+コンパネなどの修繕費+人件費、すべてを合わせるとなかなかの金額になるため、見積りの際は内訳をしっかり聞いて、失敗がないように慎重に業者を選びましょう。

 

葺き替えが必要な時期は屋根の素材により大きく異なりますが、おおよその目安は以下のようになります。

 

スレートの場合、何も手入れをしない場合で10~15年ほどで葺き替えが必要になる場合があります。

劣化が進みひび割れが何か所もあったり、少し踏んだだけで割れてしまうような修理・修繕だけではとても直しきれないような場合は屋根葺き替えが必要になります。

 

トタンの場合、何も手入れをしない場合で10~12年ほどで葺き替えが必要になる場合があります。

錆が進行し過ぎて穴が何か所も開いている場合や踏んだだけで穴が空いてしまう場合も葺き替えが必要となってきます。

 

瓦の場合、何も手入れをしていない場合で25~30年ほどで葺き替えが必要になる場合があります。

瓦の場合、劣化により瓦が脆くなり割れてしまう場合があります。

もし、自分や業者さんに見てもらったときに割れているところが多かったり、劣化の様子が酷ければ葺き替えを検討しましょう。

そして、瓦はほかの屋根材に比べてもとても重いものです、「縦揺れの地震が発生したら家が潰れてしまう」というのも聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

実際に潰れることはなかなかないのですが、本当にもしもの時のことを考えて屋根を軽くしたいのなら、ガルバニウム鋼板への葺き替えがお勧めです。

前述で述べた通りガルバニウム鋼板は雨にも強く・軽い・錆が出にくいと屋根にとっていいとこ尽くしなのでお勧めです。

 

上記の年数のじきはあくまで目安でお住まいの環境、自然災害により縮むことも伸びることもあります。

もし、葺き替えなんてお金のかかることをしたくないのならこまめにメンテナンスをしましょう。