屋根の役割について

私達の生活を守ってくれる屋根

屋根は、建築物の外装の中で最も重要な役割を持っています。
屋根はまず、雨から家を守ってくれます。
日本は梅雨もあり、台風も来ますので、雨はかなり多い国と言えます。
屋根が無ければ家がいつも濡れて湿った状態となります。
これにより、室内の湿度が上昇し、その中に住むことはとても不快になります。
特に日本の家屋は木材を使っている場合が多いので、濡れたまま放置しておくと、
家全体が腐食してしまう原因にもなります。
雨漏りがあった場合の修理は、ただその時濡れるから必要というだけではなく、
建物の寿命を短くしない為にもとても重要なこととなります。
次に、屋根は屋内の温度調節もしてくれています。
屋根はいつも直射日光を受け、外気にさらされています。
その為、断熱機能も施されており、暑い夏には気温の上昇を抑えてくれますし、
寒い冬には室内を温かく保ってくれます。
屋根のこの機能により、私達はいつも快適な温度で睡眠を確保することが出来るのです。
それから屋根には、火事から私達を守ってくれる機能も有ります。
近所で火災が発生したときに、火の粉が飛んできても燃え移らない様に、
家の中で火事が発生した場合も、燃え上がる火で屋根が焼け落ちないように、
不燃材を使って防火性を高くしています。
その他にも、防音機能により強い暴風雨や雷の音を小さくしてくれたり、
外壁を雨や日差しから守ってくれたり、雨以外にも風、雪や雹など、
自然災害から私達を守ってくれる大変有難い存在なのです。