屋根リフォームを行う時期について

屋根の葺き替えを怠っていると、家の寿命が短くなってしまいます。

では、いつ行えばよいのかということですが、基本的なポイントとしては「築15年以上である(メンテナンスは全くしていない)」、「天井に雨のシミがある」、「天井にカビがある」、「風が強い日だと、屋根から異音がすることがある」、「雨が降った日の翌日も、湿気がある」といった物が挙げられます。

そして、屋根材ごとに適した葺き替えの時期というのもあります。
スレート屋根の場合、20年くらいで寿命が来ることが多くなっています。
また、「ひび割れが増えてきた」「白っぽくなってきた」などという時も、寿命が近付いているサインです。

瓦屋根の場合、100年以上保つこともありますが、気象条件などにも影響されるので、30年くらいでメンテナンスをしたほうがよいでしょう。瓦の欠けや割れが目立ってきたら、葺き替えを考えるべきです。

金属屋根の場合、寿命はだいたい20~30年といわれています。サビや腐食が目立ってきたら、葺き替えの時期といえます。トタン屋根の場合、寿命は10年くらいと他の屋根材と比べて短めですが、小まめに塗装し直すことで長く保ってくれます。
しかし、全体的に赤サビが目立ってきているならば、葺き替えを行うべきでしょう。